ワールドスタディ

英語学習をメインとしながら、留学経験、ワーキングホリデー経験のある管理者が日本を客観的に見ながら、世界中の、有用な情報を提供していく。

留学体験記

留学の流れ

海外の滞在方法

短期留学のススメ

日本人の少ない学校

英語を学ぶにあたって

英語学習方法

カタカナ英語

英単語GUY

英単語How are you

英単語cute,hot

英単語till by

英単語whats up

工事中

日本を客観的に見る

日本人の英語の発音

日本人は褒めすぎ

愛情表現

海外・知っておきたい事

帰国後のこと①

帰国後のこと②

関連広告

広告

相互リンク募集中

CFD取引は初めてでも簡単な4銘柄

役に立つサイト

ブログ関係

留学関係

CATEGORIES

PROFILE

ワールドスタディ

ワールドスタディ

この世界のさまざまな情報を勉強していきましょう。
E-mail

MONTHLY

R.COMMENTS

R.TRACKBACKS

LINKS

            

※記事には、管理人の主観が含まれていたり、古い情報があります。
        参考程度にお読みください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事の上へ

英語でエッセイpart 2

前回同様、以前私が書いた英語でのエッセイを載せたいと思います。

かわいい!かっこいい!英語の褒め方
の記事に書いたことを英語圏の向けに書いた文です。
英語の練習で書いたものですので、英語に堪能な方はご指導をよろしくお願いします。

"Hot" and "Cute"

While you are walking with your friends, what would you say when you see
a very attractive person?
Oh man, She is hot! or He is hot!

This can be one of the choice you would think. Am I right?

So, "hot" seems to have very positive meaning in English sporken countries.

However, I am not that happy to be called hot. I rather want to be called cool, or a handsome(kakko ii).
To make matters worse, sometime people address me as cute!

I don't want to be cute to girls, I want to be cool to them!!!

Do you know what this means??

It means people who speak English are seeing people different way of me
(Japanese).
This is very interesting.

We want girls to be cute rather than hot. Being in Japan, You are cute(kawaii) is the best way to compliment girls.

To men, kakkoii=cool is the best.
Therefore, the first time I was said "You are cute", I felt like, "Oh no, do I look like a girl? I am not!!The girl must be looking
down on me. Holly crap"...


But I figured that was wrong idea!!! yay

As a result, there is something you have to know.

●if you are male・・・use Kawaii=cute to a Japanese girl.
●if you are female・・・Never say Kawaii=cute to a Japanese man, instead use kakkoii=cool.
There is one more problem we have to solve. "hot"

As I said, I am not that happy to be called hot.
But to be honest, I actually never be called "hot".
I am making this is not my fault, but nationality problem; the fact I am
Japanese.
I DO NOT think I have any possibiities to be hot just because it's not possible.
I know what is like to be a hot guy, I've seen a lot of hot guy at U.S,
but no one in Japan.
One of the reasons that I cannot find a hot guy at here in Japan is they
don't try to be hot.
They try to be something else, ,, like cool, handsome.
Like this, we value on different aspects sometime.
I often describe a very hot girl as too sexy. They are very beautiful, attractive,,, but they are too sexy to be my girl friend.

Would you agree with me???
スポンサーサイト

この記事の上へ

英語でエッセイ

以前、英単語GUYのところでも書いたことを英語でも書いてみました。

このブログを始める前に書いた文ですが、今後も英語を忘れないためにも英語でエッセイも書いていきたいと思います。

"Guys"
It took me for more than 3 months to be able to use this
word"GUYS"without hesitating.

"What did you guys do yesterday?" What are you guys up to?" These phrases are often overheard in English sporken countries.
Of course it means, the speaker is talking to more than two people at the
same time.
However, for me, I get very nervous everytime I use this word"GUYS".

You might be wonder what on earth the matter with "guys"
Let me explain...

For Japanese( maybe only me?) we have a certain nuance when we use Guy in our canvasation.
For those who know a ittle bit about Japan, you know that we bollow a lot
of Englsih in our life, right?
Guy is one of them.
[Nice Guy] this phrase is becoming all most like an Japanese.

However, we use this term in little bit different way from English meaning.
When we use guy instead of using Japanese "otoko"( meaning guy
in Japanese), we imply some special meaning.
Guys sounds like very ,,,what to say,,,,a prig person, a cool person, a dreamy person. something like that.. well it's hard to explain in Englsih.
Anyway, it just doesn't fit to put guys in those kind of sentence.
Every time I say guys, i need time to be ready so that I would not be embarrassed
what I just said.
I know no one would feel strange, but I feel strange to use this word.
Ask your Japanese friends about this.
I am sure if they have Japanese culrueal backgraund, they would understand
my feeling...

この記事の上へ

海外でアルバイト経験

オーストラリアにワーホリ滞在中、
仕事探しをしていたとき、
日本人がよく使うネットのアルバイト募集のページを
見ていました。
すると、
「GC(ゴールドコースト)で一週間、
ホテルで短期で働いてくれる人募集 一日100ドル」
との情報を見つけました。

当時、シドニーに住んでいて、少し他の町も
見たくなってきていた私にとっては、
旅行がてら、ちょっと仕事も出来るいいチャンスと、
早速電話をかけました。
すると韓国人なまりの英語を話す女性がでて、
仕事の内容を聞くと同時に
私が今シドニーにいること、
仕事が出来るのであれば、それに合わせてGCに
行くこと等を伝えました。

その仕事は新しくオープンするホテルの開店前の
掃除の仕事であり○月の○日から○日までGCに
いて仕事をしてくれるのであれば、
まだ人が全然集人が集まっていないから助かる。
集合場所と時間を近くなったら連絡するから連絡先を教えてくれ。
と、簡単に仕事をゲットすることが出来ました。

それが、約1か月間前

それから、私はシドニーでの仕事探しを一切やめ、
GC旅行兼、仕事の旅への準備に
取りかかり、移動方法を調べたり、GCの滞在先などを調べて、
実際仕事が始まる2日前にGCに到着するようプランを立て、
過ごしていました。

そして
出発一週間前

GC異動プランにそり、チケット等の準備を済ませ、後は、
出発するのみの状況であったのですが、
肝心の仕事先からその後連絡が無かったため、
不安になって確認の電話をしてみました。

すると、仕事は予定とおりあるので、
心配せずにGCに来てよいとのことを
伝えられ、安心して電話をきり、シドニーを旅発つことにしました。
そして
計画とおり仕事がある予定の二日前にGCに到着し、
仕事中の滞在先も見つけ、集合時間と場所の連絡を待ちました。

仕事予定日前日

前日になっても何の連絡もきません。まさかと思い、不安になり、
夕方まで待って電話してみました。

すると、ホテルの完成工事が遅れてて、スケジュールが
遅れ混んでいるといわれ、近々完成なので分かり次第連絡する。
と言われました。
さすがに頭に来て、
この仕事の為にわざわざ、GCに来たこと、
工事が遅れているのであれば早めに連絡してくれと
文句をいい電話を切りました。

その時点で、私はこの仕事先に対する信用を完璧に失い、
同時に次の日からする予定だった仕事の予定も失いました。

アルバイトでもらう予定だった700ドル+αを当てにして、
お金のない中、飛行機で移動までして計画を立てていたのが、
突然無しになったのです。たまったもんじゃありません。

日本でも起こりうることですが、このような、計画とおりに
いかないことが、海外では日常茶飯事です。

今回の件は文化の違い等ですまされる問題なのか、
私が電話した仕事斡旋先がただ単に悪かったのかは分かりません。

海外では予定はあくまでも予定であって、予定が変わることが
多々あることを知って行動した方が、
このような不測の事態にも対処できるかもしれません。

そして、結局その仕事先から電話がかかってくること
はありませんでした。。

この記事の上へ

海外で出会った印象深い人2

ワーキングホリデー滞在中、ルームシェアをしていたのですが、
一時期は10カ国の人と10人で共同生活をしていました。
日本人はもちろん私だけで、アジアは中国、韓国から
ヨーロッパ、インド、ブラジルとまさに国際色豊かな環境でした。

今回はその中の一人、あるイタリア人女性の話を通して
異国の人とのコミュニケーションを考えたいと思います。

私がその国際色豊かな環境での共同生活を始めて
約1か月後、新たなルームメイトとしてやってきたのが、
彼女でした。
40代くらいで、イタリア人らしく、情熱溢れたイタリア人。
驚いたことに、彼女は英語が話せませんでした。
自分のことをIと言うのか、Youと言うのかの区別さえ、
出来ていませんでした。

ルームメイトの中に、イタリア語を話せる人がいなく、
彼女とのコミュニケーションはジェスチャーと
彼女がかろうじて知っている英単語。
または、我々がイタリア語辞書を片手にコミュニケーション状態でした。

他のルームメイトとイタリア語を悪戦苦闘しながら2週間後・・・
いつの間にか、彼女は我がルームのリーダー的存在になり、みんなにとけ込んでいました。
英語が全くしゃべれない彼女がなぜか?みんなをまとめて、
部屋を一緒に掃除したり、パーティの時は率先してみんなを盛り上げていました。

話してる言葉はイタリア語、身振り手振りでイタリア人らしく情熱的に
うったえる姿は、なぜか彼女が言いたいことが伝わってきました。

彼女を通して、コミュニケーションが行われている時に言葉の情報伝達に占める割合
はなんと7%にしか過ぎないと言う研究結果があることを思い出しました。

まさにその通りなのです。

残りの声、声のトーンや、表情、手などのボディランゲージだけで、
いつのまにか彼女は国際色豊かなルームメイト10人をまとめるリーダー役
にまでなっていたのです。

語学が出来ないから、友人が出来ない。うち解けられないという悩みを
持っている方がいれば、それは言い訳にしかすぎません。
特に日本人は英語がうまく話せないことをコンプレックスに思い、
他国の人とうまくコミュニケーションが取れないことが少なくないと思います。

英語なんて、コミュニケーションの10%しか占めていないのだからと
割り切って、日本語でもいいから、自分の思いをぶちまけて
性格をそのまま出した方が、意外にコミュニケーションが
うまくいくかもしれません。

彼女を通してコミュニケーション能力と語学の能力は全く別の能力と言うことに
改めて気付かされました。

この記事の上へ

海外で出会った印象深い人①

留学や、ワーホリ、海外旅行をする際、多くのかたが不安に思っているのは、
今の自分の語学力で大丈夫だろうか。と言う問題です。

語学力が不安で海外に行くのをためらっている方がいれば、
今回の記事を読んでいただければ少しは不安が解消するかもしれません。

ワーホリでラウンド中、バックパッカーに泊まっていたとき、
ある日本人の方(Aさん)と同じ部屋になりました。
話を聞いてみると、2週間前に現地に到着し、そのバックパッカーに
滞在しながら仕事を探しているとのことでした。

バックパッカーと言えば、安宿の代名詞ですし、世界各国の旅行者と
数人部屋になることも多いため、ある程度海外に慣れた人しか利用しないの
だろうと勝手な印象を持っていたのですが、その人の話を聞いて
いろんな意味で価値観が変わったので紹介します。

当然、ある程度海外には慣れているだろうと思って、
世間話を始めたところ、どうも初めての海外で、しかも
英語力も全くないような感じでした。
そして、私はその人から今でも忘れられない質問をされました。

Aさん: 外国人と話してたらよくディッドって聞こえるんだけど、ディッドって何?

私  : へ?ディッドってdid u とかDOの過去形の??

Aさん: 過去形って何?

私  : ・・・・・・

その後、話して行くにつれ、Doの過去形がDidのことはもちろんのこと
Does, 未来形のWILL、進行形のing等わからないまま
本当に語学力がほとんどない状態で
現地に来ているのだと分かりました。

これには正直びっくりしました。
中学一年で習う基本的な事が分からないことではなく、
そのような語学力で、実際、航空券を一人で手配し、
一人でそのバッパーまで異動し、一人でチェックインし、
異国で外国人と共同生活しながら1週間も生活している人が
いた
のに驚きました。

到着一週間で既に所持金も10万円程度、なぁんにも
計画せずにふら~っと現地に来たとのこと。
さすがに仕事をしなければ、入国一ヶ月もしないまま
帰国せざるを得ない経済状況なので、仕事探しには
焦っていました。
私も、見るに見かねて英文の履歴書や、仕事の探し方を教えて
手伝いました。

英語は本当に中学一年生で習う単語を連発し、聞き取りなんてもってのほか
の状態での仕事探し。
世の中そんなに甘くありません。
私がそのバッパーに滞在中はAさんは仕事が見つからずじまいでした。

ところが
その後、メールや電話のやりとりで、現地到着後1か月後には仕事を見つけ、
元気に生活しているようでした


Aさんは語学力こそ、入国時は全くなかったものの、
行動力、度胸、生活適応力には優れていたのかもしれません。
ただ、私がいいたいのは、こういう事なのです。

『どうにかなる。』もちろん、ある程度の語学力があれば、スタートは便利です。
また正直、Doの過去形が分からないような状態でAさんのように
ワーホリビザをとって現地で一年生活しようと試みるのは無謀です。

ただ、どこにでも日本人はいるし、英語が話せなければ日本語で
生活していく環境がある程度の都市にはあります。
(それをプラスと見るかマイナスとみるかはそれぞれですが・・・)

代理店や、旅行会社は責任問題もあるし、手数料を取って
利益を出していかなければいけないということがあるため、
学校に行った方がいいだの、はじめの数泊は日本から
滞在先を決めておいた方がよいだのと正論をぶつけてきます。
確かにそのとおりですし、実際私も初めての海外は
バリバリ手数料を払って至れり尽くせりで行ってきました。

ただ、現地には王道を取らなくてもやっていけるんだよということを知って欲しいのです。

海外で生活すれば、英語が話せるようになると考えている方がいるとすれば、
それは間違いです。
Aさんのように英語が全く話せなくても、普通に生活し、仕事を見つけている人
がいるのですから・・・

それから一年。今Aさんがどれだけ語学力を身につけられたか、
会う機会があったら、その後の生活を聞くのが本当に楽しみです。

この記事の上へ

短期留学のススメ


海外に興味、関心を持っている人にとって、留学は一つの
夢・目標である人も多いでしょう。

ただ、海外経験があまりないのに、いきなり正規長期留学等
はなかなか踏ん切りをつけれないのでは無いでしょうか。

また、留学までしなくてもいいけど、海外に興味があるって人
もいるかもしれません。
私もどちらかというと、後者でした。
漠然と海外に興味を持ち、何かきっかけを探していました。

そんな方にお勧めなのが、短期留学です。
学校に通う、短期語学留学
個人レッスンをみっちり受けられるワンツーマンレッスンタイプ
農場等でファームステイする形など、
短いものは一週間から海外留学を体験できます。

単に海外旅行するのと違い、
私は短期留学は以下の点でメリットが挙げられると思います。

●ホームステイや寮で生活でき、現地の人や、同年代の海外の人
 と接する機会が増え、外国人の友達が出来やすい。

●ただの観光などとは違い、短期間でも海外で生活
 することにより、異文化をより深く経験
することができる。

●正規留学と違い、自分の希望にそったプログラムが用意され
 ているので、授業を少なめにして、学校に通いながら、観光も
 十分楽しめるコースにするなど、時間の使い方が自由になる。

英語力がほとんど無くても、参加できる。
 (実際、My name is ○○くらいしか言えない初級レベルのコースがあります。)


短期留学をする人の目的は人それぞれです。
・語学を勉強したい人
・ゆくゆくは正規留学を考えている人。
・漠然と海外に興味を持っている人。
・親を説得するのに、留学ならOKだった人。
・外国人の友達がほしかった人
・単に海外旅行では親御さんから援助がもらえないから、短期留学と言う形をとる人

等々、理由はさまざまですが、どんな理由で参加したにしろ、
海外の魅力を経験し、人生観が変わる人は数多く見てみてきました。

もし少しでも、海外に興味があり、海外旅行でもしようかなと考えている人は、短期留学と言う形をとって、一味違う海外旅行を経験してみてはいかがでしょうか。
あなたのその後を大きく変えるような経験が出来るかもしれませんよ。
(実は私が短期留学がきっかけに人生を変えた一人なのです。)



<<<以下は海外短期留学などの情報を専門的に扱っている
サイトです。>>
書店で売っている海外留学体験記など、資料請求(無料)しただけ
で手に入れたりするところもありますし、無料で、
専門のスタッフによるカウンセリングを受けれますので、
いろんな話を聞いてみてはいかがでしょうか。










この記事の上へ

海外での滞在方法

海外での滞在方法、を紹介します。

海外に滞在する際、悩み事のひとつにどんなところに
宿泊するのかという問題があります。

旅行、短期留学、長期留学、ワーキングホリデー等
目的によって、それぞれあった滞在方法があると思いますが、
私が思いつく、また経験してきた滞在方法を紹介します。

●ホテル
海外旅行などで、パック旅行を申し込むと、ある程度キレイで
安心できるホテルに滞在できます。
大きな都市や、日本人の多い地区では、日本語が通じるところも多く、
海外初心者は、安全、安心面からもお勧めです。
ただし、金銭面で他の方法より高くつきますし、海外に長期滞在
する人には向かないです。

●格安ホテル(バックパッカー、ユースホステル)
海外をリュックサックひとつで転々と旅をしたり、格安旅行をしたい
人にとって、必要不可欠の選択肢です。
先進国でさえも、一泊20ドル前後(2000円くらい)で泊まれ、
お金を節約したい方にはお勧めです。
5人~10人の大部屋から、1~2人の個室もあり、ホテルによって
さまざまで、自分の好みに合わせて部屋も選べます。
そして、何よりも魅力なのが、同じ宿に滞在してる他の旅行者
との出会いが多いことです。
格安ホテルの多くは、ひとつの部屋に3,4人部屋が主流であり
世界各国から集まった旅行者と仲良くなれるチャンスがあります。
旅先で知り合った世界各国の旅行者と意気投合し、その後一緒に
旅行にいったり、連絡を取りあうってこともよくあります。

●ホームステイ
その国の生活スタイルを経験するのに最適なのが、ホームステイです。
また、なれない海外生活をスタートするとき、その地域のことを
よく知っているホストファミリーがいろいろ教えてくれたりして
くれますし、語学力の向上にもよい環境です。
 
ただ、海外ではホームスティをビジネスとして考えている家庭もあり、
至れり尽くせりでアットホームな家庭を想像していると、実際は違っ
て、いることもあります。よく、ホームステイには
「当たりハズレがある」と言われてますが、それは、日本人が期待しているホームスティと現地のホームステイで意識の差があることが多い
です。


●ルームシェア
ルームシェアとは、ひとつのアパートや、家に
数人が家賃等を分担して払い、数人で共同生活をするスタイルです。
日本ではまだなじみが薄いですが、海外では一般的に
行われています。

ちなみに、私はオーストラリアにワーキングホリデー滞在中、
マンションの一室に、それぞれ国籍の違う10人の人と共同生活
をしていました。
家賃を安く済ませることができ、また他国籍の人と共同生活を
することによって、普段見えないさまざまな面が見えてきますので
一度は経験することをお勧めします。

●不動産屋と直接契約

長期的に滞在する場合、直接アパートなどを契約して好きなように
生活するのもひとつの方法です。しかし、もちろん契約書などは
現地の言葉で書かれていますし、トラブル等が起こったとき、
ある程度海外上級者でないと面倒なことになりかねません。
このサイトは海外初心者を対象にしてますので、初心者の方には
あまりおお勧めできない滞在方法です。

この記事の上へ

カタカナ英語は長所にもなる!?

人生の大部分を日本で育った人にとって、英語の発音が
日本人英語から、抜けきれない部分があるのは仕方ない
ことだと思います。
発音が悪くて、英語コンプレックスを持っている人も多い
とおもいますが、そのことを、一つの長所とみれば、
気持ちが楽になるかも知れません。

というのも、私がオーストラリアでワーキングホリデー滞在中
に働いていた時、ある契約の更新をお願いする仕事で
個人のお宅を訪れて話をする機会がありました。
チャイムを鳴らして出てきた方は、年配のおばあさんで外見からして明らかにアジア人でした。

(ただ、オーストラリアは移民が多く、外見がアジア人でも
アイデンティティや話す英語は完璧なオーストラリア人で
ある人が多く、外見が似ているからと行って安心してアジア
人と判断してはいけません。)

話し始めるとすぐに、Are you Japanese?(日本人ですか)
と聞かれました。どうも話を進めてみると、私の英語の発音から
日本人の話す英語だと一瞬で分かってしまったようでした。
すると、そのおばあさんは香港から数十年前に移住してきた方で、
日本人の友達がたくさんいたと話してくれました。
今は高齢であまり出歩かないので、日本人英語を聞くのは久しぶり
だというような話をされ、私が日本人だったおかげで話がはずみ、
話を聞いてくれました。そして仮の契約と言う形で、連絡先を渡し、
何かあったら連絡をいただけるという話になりました。

もし、私が完璧な英語を話していたらどうでしょう。

既に述べたとおり、オーストラリアでは顔がアジア人だから
といって、単純にオーストラリア人でないと言い切れません。
英語が完璧であればオーストラリア人に間違えられ、よくある、
何かの勧誘と間違えられて断られてしまっていたかもしれません。

この経験は明らかに私がカタカナ英語だったおかげで
人間関係がうまくいった例です。
日本人に限らず、国籍によってかなり特徴のある英語が
話されています。

今度から、
はろ~ まい ねーむ いず ○○ ないす とう みーと ゆ~ 

胸を張ってカタカナ英語を話すといいことがあるかもしれません。

この記事の上へ

お知らせ

10月28日、西日本スポーツ新聞のとくとくホームページと言う欄で
このHPが紹介されました。
みなさま今後ともよろしく願いします。

この記事の上へ

オーストラリア人の気質

オーストラリア人のことを一般的にオージーと愛称をこめて
呼ぶことがあります。
日本人のことをマイナスなイメージを込めてJAPと呼ぶのと
違い、この「オージー」はおおらかな気質のオーストラリア人
を表す親しみのある言葉として定着しています。

そして、今回はおおらかな気質のオーストラリア人を象徴する
出来事があったので、紹介します。

●オーストラリアの公共交通事情
ワーキングホリデーで、オーストラリアのシドニーに滞在していた
時、バスに乗ったときの出来事です。

シドニーのバスの乗り方は、乗車するときに行き先を告げて、
その分の料金を払う前払い制です。バスが来たので、行き先を
告げると、3ドル20セントと言われ、財布を開けると、20ドル札
しかなかったのでそれをだしました。
すると、、small change?小銭はないの?と聞かれ、Sorry(無い)
と答えると、ぶっきらぼうな顔をして、もうお金はいいから座れ
というジェスチャーをされました。
えっ と思いながら、お金を払わずに席に座り、目的地に到着し、
無事に?降りることができました。3ドルに対して、20ドル
なので、小銭がない訳でもないし、ただ単におつりを数えるのが
面倒だったため、ただ乗りさせてもらったような気がします。

しかもそのようなことが、一回だけでなく、数回起こりました。
シドニーと言えば日本で言う東京のような所です。
田舎の地域ならまだしも、オーストラリアの中心地で、
公共交通機関の運転手がただ乗りをさせてくれるとは、
オージーのおおらかさを象徴した経験だったのかもしれません。

この記事の上へ

BBS7.COM
MENURNDNEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。